インテリア

投稿日:2022年7月19日

インテリア選びで気を付けたい7つのポイント

悩む動物

 

家の購入やリフォーム、引越しをきっかけに家具を買い揃えてみたものの、お部屋のサイズに合わなかったりして残念に思ったことはありませんか?

大きなお金を支払い購入したものが気に入らなかったり、お部屋に合わないと残念な気持ちになりますよね。

そこで今回はインテリアを購入する上での注意点をまとめてみました。

 

インテリアを購入する前の注意点

 

1.インテリアはお家に合わせて先にテーマを決める

先にお部屋のテーマを決めておくとスムーズに理想のお部屋に近づくことができます。

北欧風や西海岸風などお好みのテーマを決めるとGOODです!

決まらない場合はInstagramやPinterestでお洒落な部屋の写真をたくさんみているとイメージが湧いてくるかもしれません。

 

2.カラーは統一感を持たせる

さまざまな色が組み合わさると落ち着かないお部屋になる可能性があるので統一感を合わせてインテリアを選ぶのがポイントです!

差し色としてハッキリした色や反対色(補色)を入れると雰囲気が引き締りお洒落な部屋になります。

インテリアの質感も合わせるとより統一感が出ますよ!

一部だけ質感を変えてアクセントを加えるのもいいですね。

カラーバランスはベースカラー70%(お部屋自体の色)、メインカラー20~25%(テーブルやソファなど)、アクセントカラー5~10%(クッションやランプなど)にするとバランスがよく綺麗なお部屋にまとまります。

 

3.事前に部屋のサイズを計測しておく

事前にサイズを測っておかないと大きすぎるテーブルによって圧迫感を与えてしまったり、カーテンの長さが足りず外から見えてしまう可能性もあるので、お気に入りの部屋作りをするために事前のサイズ計測は欠かさないように。

床の余白(物は最小限に)をしっかり作っておくと解放感を感じる広々としたお部屋になります。

幅や奥行きだけではなく、インテリアの高さも重要なのでしっかり確認しましょう。

デザインは余白で決まります!!

 

4.大型家具の送料に注意

家具は大型であればあるほど送料が上がる可能性があり、想定の予算より大幅に嵩んでしまう可能性があるので送料に注意しましょう。

 

5.組み立てサービスがあるか

大きな食器棚やTV台など組み立てるものに日を要してしまうものは、組み立てサービスがあるか確認しましょう。

サービスがあればそれを利用し業者の方にお願いすることで他の所にも手が回るようになり効率的です。

 

6.搬入経路の確保

大きめの家具はお部屋を傷つけないためにも搬入経路があるか事前に確認しましょう。

 

7.実店舗がある場合は見にいく

オンラインストアのみで購入すると雰囲気が掴みづらく色や質感が想像と違ってしまう可能性があるので店舗に確認しに行きましょう。

オンラインストアのみの場合は詳細情報をしっかり確認し、サンプルのお取り寄せができる場合はしておくと写真との相違がなくなりベストです。

 

 

以上がインテリア購入時のチェックポイントでした。

確認することがたくさんあり面倒に感じるかもしれません。

しかし、インテリアは安価ではないため事前準備を欠かさず、さまざまなサイトや店舗で吟味しお気に入りの家具を選んでいただけましたら幸いです。

ぜひ、心安らぐお気に入りのお家と家具を手に入れてください!

株式会社Re.RIZE
〒197-0801
東京都あきる野市菅生1782番地
TEL:042-518-7622

インテリア

関連記事

お洒落で低価格なインテリアショップ24選

お洒落で低価格なインテリアショップ24選

せっかく家を新しくするなら家具も新調したい!だけど家具も揃えると出費が嵩むので、なるべくお金はかけた …

お問い合わせ  採用情報